料理バトル漫画で先に皿を出した場合の勝率

2017/09/20 1:25

こんにちは。国府町怒児(こうまちぬんじ)です。
料理バトル漫画で、まことしやかに語られている噂はご存知でしょうか。
そう、「後攻で皿を出した料理人が勝つ」です。

確かに、漫画の構造を考えれば、後攻が有利かもしれません。
最初にすごい料理が出て、後からそれなりの料理が出る展開だと、
尻つぼみなイメージになってしまいますもんね。

ただ、一つ納得のいかないことがあります。
それは、後攻が有利なことをデータとして示した人がいないという点です。
もしかしたら、後攻が勝ったときの印象が強いだけで、先攻もそれなりに勝っているかもしれません。

じゃあ、どうするか。
自分で明らかにするしかないでしょう。
ということで、料理バトル漫画で先攻で皿を出した場合の勝率を調査しました。

以下、レギュレーションです。

①集計は、1対1の対決に限る
※1 4人の中で誰が一番かといった、先攻後攻が曖昧な形式は含めない
※2 1人対1人、1チーム対1チーム、どちらでもよい

②対象の対決形式は、料理による味比べのみとする
※素材当て対決、調理のスピード対決などは含めない

③先攻勝利、後攻勝利、引き分けの3項目で集計する

④3番勝負、5番勝負などは、トータルでの集計ではなく、1戦ごとの集計とする。

⑤審査員の評価が引き分けでも、どちらかの料理人が負けを認めた場合は、料理人の意思を優先する。

⑥審査員の買収による結果は無効とする

それでは、作品別に先攻の勝率を見ていきましょう

ミスター味っ子

ミスター味っ子は、1986年から1990年にかけて週刊少年マガジンで連載された料理バトル漫画です。
定食屋の息子、味吉陽一が、ふとしたきっかけから数々の料理対決をすることになるというストーリーです。
弱冠14歳でありながら、あっと驚くアイデアと食べる人への配慮を武器に、
世界の名だたる料理人たちと互角以上に渡り合っていく陽一に、毎回感心させられます。
その後の料理バトル漫画界に大きな影響を残した、料理バトルの基本が詰まった作品です。

先攻時の成績
37戦6勝24敗7分け(勝率16.2%)

こちらの漫画で、先攻で皿を出した場合の勝率は、16.2%です。
先攻で全く勝てないという訳ではないですが、不利なことは間違いないですね。

因みに、続編であるミスター味っ子Ⅱの先攻時の成績は、
6戦1勝5敗(勝率16.7%)となっています。

ミスター味っ子のハイライト

『ミスター味っ子』12巻44p参照

ミスター味っ子で特筆すべき点は、久島建男(くしまたてお)の一点に尽きます。
先攻が勝利した6勝の内の3勝は、この男の実績です。

久島建男は、日本唯一の出張料理人で、富豪などに呼ばれて出先で料理を振るいます。
たまたま出会った陽一とフルコースで五番勝負することになり、
全て先攻でありながら、オードブル、スープ、デザートで勝利を収めます。

『ミスター味っ子』12巻140p参照

最後のデザート対決は圧巻で、陽一が5点満点の5点を出したのに対し、
審査員に6点という異例の点を付けさせて勝利しています。

審査員役を務めた飛鳥涼吉のセリフが勝負の凄まじさを物語っています。

「どちらの料理もともにすばらしいできじゃった
減点の要素などまったくない完璧なる満点じゃった!
じゃが久島のデザートは その満点をもはるかに超えてうまかったのじゃ」(『ミスター味っ子』12巻140p)

将太の寿司

将太の寿司は、1992年から1997年にかけて週刊少年マガジンで連載された料理バトル漫画です。
作者は、ミスター味っ子と同じく、寺沢大介です。
寿司屋で働く新人、関口将太が寿司職人コンクールに出て、
持ち前の努力と才能で一人前の寿司職人として認められていくというストーリーです。

先攻時の成績
15戦2勝10敗3分け(勝率13.3%)

こちらの漫画で、先攻で皿を出した場合の勝率は、13.3%です。
ミスター味っ子と比べて、勝率が下がっています。
味っ子が全19巻で37回対決があったのに対し、
将太の寿司は、27巻で15戦と対戦の頻度自体も減っています。

続編の将太の寿司~全国大会編~での先攻勝率は、
13戦3勝8敗2分け(勝率23.1%)となっています。

将太の寿司のハイライト

『将太の寿司~全国大会編~』4巻50p参照

将太の寿司で注目したいのは、作品のテーマと一致したときに、
先攻でも勝てるという法則があることです。

例えば、全国大会編の4巻で、海老を使った寿司対決がありました。
このとき将太は、伊勢海老など高級な海老が手に入らずに、
漁の網から落ちた小さい海老を使って勝負することになります。

しかし、将太は自分の境遇と海老を重ねて、「ありふれた素材でも料理次第では大きな力を発揮できる」というメッセージを寿司に込め、見事勝利します。
先攻で皿を出したのに、です。

『将太の寿司~全国大会編~』5巻132p参照

全国大会編5巻で、「技術よりも食べる人のことを思いやる心」というテーマになったときも、先攻で料理を出したにも関わらず、勝利しています。

このことから、後攻有利の法則の上位に、作品テーマ一致の法則があると推測できます。

中華一番!

中華一番!は、1995年から1996年にかけて週刊少年マガジンで連載された料理バトル漫画です。
主人公の劉昴星(リュウ・マオシン)が、様々な料理人と出会いながら、料理人として成長していくという話になっています。
続編の真・中華一番!では、よりバトル色が強くなります。

先攻時の成績
3戦0勝3敗(勝率0.0%)

こちらの漫画で、先攻で皿を出した料理人は、なんと1回も勝てませんでした。
全部で3戦とはいえ、中々厳しい結果になっていますね。

続編の真・中華一番!での先攻勝率は、
15戦3勝10敗2分け(勝率20.0%)となっています。

中華一番!のハイライト

『真・中華一番!』5巻182p参照

中華一番!で目を引いたのは、やはり真・中華一番!に出てきた一丈青(いちじょうせい)のシャンですね。
この女性料理人は、敢えて先攻で皿を出すことで勝利を手にしています。

上海ガニ対決に臨んだシャンは、まず審査員に色仕掛けをして、
①先に料理を食べること
②料理を全て食べること
の2点を約束してもらいます。
そして、カニを思いっきり煮詰めた味の濃いスープを飲ますことで、
後攻の料理人の繊細な味の料理を殺して勝つというわけです。

この「舌覚疲労封(ぜっかくひろうふうじ)」という技は、先攻不利説に一石を投じる結果をもたらしました。
先攻であることが有利に働くことがあるなんて。
「先攻なのに勝つ」というパターンしかなかった料理バトル漫画界に、「先攻だから勝つ」という新しいパターンを教えてくれた名シーンです。

余談ですが、一丈青のシャンの一丈青とは、水滸伝に出てくる女性頭領、扈三娘(コ・サンジョウ)のあだ名です。
意味としては、諸説あるようですが、美少女あるいは美少年を表しているのではないかと言われています。

食戟のソーマ

食戟のソーマは、2012年から週刊少年ジャンプで連載されている料理バトル漫画です。
2017年9月現在も連載中です。
料理学校、遠月学園に進学した定食屋の息子、幸平創真が、
同級生や先輩達と切磋琢磨していくというストーリーです。
食戟とは、料理対決による決闘を意味しています。

先攻時の成績
17戦3勝11敗3分け(勝率17.6%)

こちらの漫画で、先攻で皿を出した場合の勝率は、17.6%です。
2017年9月頭時点で既巻が25巻だったため、1巻から25巻までで計測しています。

食戟のソーマのハイライト

『食戟のソーマ』10巻70p参照

食戟のソーマで意外に思ったのは、美作昴(みまさかすばる)の戦いです。
美作は、相手の思考をトレースしてまず相手と同じ料理を作り、
さらにほんの少し工夫を上乗せすることで勝つというスタイルを持っています。

この美作が、先攻で勝利するんですよね。
こういうのって展開的に後攻で皿を出すんだと思っていました。
後攻なら「うおおおこちらも全く同じ料理だ!だが一箇所だけ違うぞ!」と盛り上がりますからね。

それでも、対戦相手が土壇場でアレンジを加えたのも織り込み済みで、絶望を与えながら勝つという展開を重視した結果、先攻で皿を出すことを選んだのでしょう。
トレース能力の怖さを伝えるための先攻だったのですね。

まとめ

今回調査した作品の通算成績は、
106戦18勝71敗17分け(勝率16.9%)でした。

作品によって先攻の勝率はまちまちでしたが、概ね15~20%程度で勝つと捉えていいでしょう。
基本は後攻が勝つのですが、上位に位置する法則があったり、
作者の表現したい思惑があったりした場合は、先攻が勝つ姿も見受けられました。

最後に、たくさん料理対決を見る中で見つけた、新しい法則をお伝えします。

『将太の寿司』25巻87p参照

「結果が出る前に下っ端キャラに褒められると負けるの法則」です。

 


参考資料

フリー写真素材フォトック』(最終確認2017/9/13)
ミスター味っ子 1~19巻』寺沢大介 1986~1990 講談社
ミスター味っ子Ⅱ 1~13巻』寺沢大介 2003~2012 講談社
将太の寿司 1~27巻』寺沢大介 1992~1997 講談社
将太の寿司~全国大会編~ 1~17巻』寺沢大介 1997~2000 講談社
中華一番! 1~5巻』小川悦司 1995~1996 講談社
真・中華一番! 1~12巻』小川悦司 1996~1999 講談社
食戟のソーマ 1~25巻』附田祐斗、佐伯俊 2012~ 集英社
wikipedia 扈三娘』(最終確認2017/09/13)

「もっと色んな漫画でも知りたい」といった声が聞こえてきたので、ここは是非、マンバを使って、皆さまの力でデータを集めていただきたい!「料理バトル漫画で先に皿を出した場合の勝率」をより深く楽しむためにご活用ください!

自由広場 「料理バトル漫画で先に皿を出した場合の勝率」を調べよう

自由広場 のクチコミ 「料理バトル漫画で先に皿を出した場合の勝率」を調べよう

マンバにクチコミを書いてみませんか?印象に残ったセリフや場面など一言でOK!もちろん、長文で熱い想いを書きたい人も大歓迎です!

ミスター味っ子に関するマンガ情報・クチコミ一覧

完結 ミスター味っ子 寺沢大介に関するマンガ情報・クチコミはマンバでチェック!ユーザーからのおもしろクチコミ情報が満載です!皆さんからの投稿も随時お待ちしています!

将太の寿司に関するマンガ情報・クチコミ一覧

完結 将太の寿司 寺沢大介に関するマンガ情報・クチコミはマンバでチェック!ユーザーからのおもしろクチコミ情報が満載です!皆さんからの投稿も随時お待ちしています!

中華一番!に関するマンガ情報・クチコミ一覧

完結 中華一番! 小川悦司に関するマンガ情報・クチコミはマンバでチェック!ユーザーからのおもしろクチコミ情報が満載です!皆さんからの投稿も随時お待ちしています!

食戟のソーマに関するマンガ情報・クチコミ一覧

食戟のソーマ 附田祐斗 佐伯俊に関するマンガ情報・クチコミはマンバでチェック!ユーザーからのおもしろクチコミ情報が満載です!皆さんからの投稿も随時お待ちしています!

記事で紹介されたマンガはこちらから購入できます!


国府町 怒児
レペゼン大喜利のインターネット作家。込めております。