「小学館 コミック原画フェア 2018 in 池袋」藤田和日郎など3名の原画展がリレー開催!

2018/10/25 5:35

こんにちは、マンバ通信です。

先日、マンバ通信では「ビッグコミック50周年展」の開催をお知らせしたばかりですが、またまた、小学館のアニバーサリー企画の展示がスタートしますヨ〜!

11月2日から26日までの間、西武池袋本店の別館にある西武ギャラリーにて「小学館 コミック原画フェア 2018 in 池袋」を開催。小学館で活躍する3名のマンガ家の原画展をリレー形式で開催します。

第一弾 「少女コミック50周年企画 篠原千絵原画展」 11月2日(金)〜11日(日)
第二弾 「~画業30周年記念~ 藤田和日郎原画展」 11月12日(月)〜20日(火)
第三弾 「~画業20周年記念~ 青木琴美 原画展」 11月21日(水)〜26日(月)

なかでも、マンバ通信が注目するのは『うしおととら』『からくりサーカス』などで知られる藤田和日郎氏の原画展です。

展示では、これまでサンデーに掲載された『うしおととら』『からくりサーカス』『月光条例』『双亡亭壊すべし』の未公開を含むカラー原画やマンガ原稿を約200点以上展示するほか、初公開の設定資料など、マンガ家・藤田和日郎の世界を一挙公開します。

また、原画展おなじみのグッズも販売。4タイトルそれぞれの直筆サイン入り複製原画、複製原稿セット、ポストカード、クリアファイル、トレーディング缶バッチ、マフラータオルなどのほか、原画展の公式図録(B5サイズ/96ページ)も出るそう。グッズの詳細はココにあるので、気になる人はぜひサイトをチェックして。

会場で販売される当日券とは別に、特典として原画展描き下ろしイラストを使用したオリジナルブックカバー(コミックサイズ)付き入場券(1,200 円)を各プレイガイドで販売中。

【イベント情報】

「藤田和日郎原画展」
会場:西武池袋本店 別館2階=西武ギャラリー
開場時間:午前10時~午後9時
※ご入場は各日閉場時間の30分前まで。
※11月18日(日)は午後8時まで。
※最終日11月20日(火)は当会場のみ午後6時閉場。
入場料:一般800円/大学生・高校生600円/中学生300円(小学生以下無料)
※「クラブ・オン」「ミレニアム」カード、「クラブ三省堂」カード会員は、
カード提示で一般600円(ご優待料金)にて入場可。
※「障がい者手帳」各種ご提示で、本人とご同伴1名まで無料で入場可。

共催:三省堂書店
協力:小学館
問い合わせ 三省堂書店池袋本店 03(6864)8900(代表)

藤田和日郎のマンガ情報・クチコミ

藤田和日郎のマンガ情報・クチコミはマンバでチェック! 主な作品『邪眼は月輪に飛ぶ』 『うしおととら』 『黒博物館 スプリンガルド』 『黒博物館 キャンディ ケイン』 『月光条例』など。


マンバ通信編集部

マンガの口コミサイト『マンバ』と連動し、「マンガが読みたくなる気持ち」「面白かったマンガを語りたい気持ち」をブーストします。