海外マンガだってマンガなんですけど―邦訳で読む10年代の世界マンガ

連載 海外マンガだってマンガなんですけど―邦訳で読む10年代の世界マンガ

第8回 私たちには会話が必要だ―アンナ・フィスケ『話し足りないことは…

原正人 2019/12/30 12:00

早いもので2019年も残すところあと数日。1年の終わりということで、今年1年を振り返ってみると、筆者が調べた限りでは、紙と電子を合わせて約160点の邦訳海外マンガが単行本として出版された。とりわけ電子について何をもって単 […]

連載 海外マンガだってマンガなんですけど―邦訳で読む10年代の世界マンガ

第7回 ソーシャルメディア全盛時代に起きたある事件の顛末──ニック・…

原正人 2019/11/08 12:00

先ごろ、ニック・ドルナソ『サブリナ』日本語版(藤井光訳、早川書房、2019年10月)が発売された。昨2018年、イギリスの権威ある文学賞「ブッカー賞」のロングリスト(候補作)にグラフィックノベル=マンガとして初めてノミネ […]

連載 海外マンガだってマンガなんですけど―邦訳で読む10年代の世界マンガ

第2回 1980年代に東ドイツに渡ったモザンビーク人移民たちの歌―ビ…

原正人 2019/04/04 12:00

さる3月1日、第22回文化庁メディア芸術祭受賞作品が発表された。 メディア芸術祭は1997年に始まった文化庁メディア芸術祭実行委員会主催の賞で、基本毎年行われ、アート部門、エンターテインメント部門、アニメーション部門、マ […]